クマにも種類があるの?

クマといっても種類があるのをご存知ですか?

なかなか知らない方が多いのではないかと思います。

種類があるので原因もさまざまあります。

種類の中で茶グマというものがあります。

こちらの原因は簡単に言うと色素沈着です。

紫外線のダメージや目のこすりすぎ、しっかり落としきれていないメイクや乾燥やかぶれなどが原因で色素沈着が起こってしまいます。

その為美白効果や乾燥予防のあるコスメを使ったりする事で防ぐ事が出来ます。

そして茶グマの中でももう1つ種類があります。

こちらのタイプとは違いアザのようなものが出来るタイプもあります。

こちらは皮膚の奥にメラニンが沈着してしまっているものです。

20歳頃からあらわれる事があるそうです。

こちらのタイプのものになってしまうと、レーザーでの治療が必要となってきてしまいます。

クマが出来る前に日頃から色素沈着しないようにメイクをしっかり落としたり、化粧品の種類を考えたり、年中紫外線予防したりさまざまな事に注意していきたいですね。

あなたはどのようなクマをご存知ですか。

多分多くの方がご存知なのが青グマではないかと思います。

青グマというものは血流が悪くなり、皮膚から毛細血管が透けて青く見えるものが青グマです。

青グマは睡眠不足やストレス、目の疲れやホルモンバランスの乱れなどさまざまな血行不良の原因からなるのです。

このような事が原因でクマが出来てしまった方は多くいるかと思います。

青グマは血行不良が原因で出来るものなのでマッサージや目を温めたりなど血行を良くすることで改善されます。

運動することやしっかり睡眠を取るなど生活習慣の乱れを治すことが大切になってきますね。

そしてしっかり日頃のストレスや疲れを取りましょう。

そして黒グマというものもあります。

こちらのタイプは皮膚のたるみで皮膚にでこぼこが出来、その影によってクマが出来るタイプです。

年を重ねる事で皮膚のたるみが起きてきてしまうのは誰もが想像するかと思いますが、生まれた頃から目の下の脂肪が少ないと起こります。

このタイプはヒアルロン酸を注入したり手術して治すそうです。

Comments are closed.